>>パパに"絶対読んで欲しい"記事

【子供の風邪に!】鼻水吸引器のおすすめしたい選び方

Sponsored Links

パパライフハックをご覧いただき、ありがとうございます!

あっ! どうも。
ハル(@papachan_com)です。



鼻をかめない子供のために、鼻水吸引器が欲しい!

どんな基準で選べばいいの?


こんな悩みはありませんか?


鼻水吸引器を選ぶ時は、次の3つのポイントを参考にしてみてください。

経験から選んだ3つのポイント
  1. タイプ」:据え置き、ポータブル、手動があります。
  2. 使いやすさ」:吸引時に準備がラク、洗浄が簡単、持ちやすいなど
  3. 値段」:数百円~2万円以上するものもあります。


鼻水吸引器選び方・チェックするべき3つのポイント

鼻水吸引器は種類が豊富にあり、価格差も意外と大きいジャンルになっています。


では、どの様に選ぶべきなのでしょうか?

初めて購入する人は、以下を参考に選ぶのが良いかと思います。



タイプ(据え置き・ポータブル・手動)】の選択

まず、鼻水吸引器を購入する目的です。

例えば、「据え置き型」は使用するのにコンセントが必要になります。

ですので、外出時に使用したいと考えている人には不向きです。

タイプの選択

とにかく吸引力が強いものが欲しい 据え置き型
吸引力も欲しいけど、お出掛けにも持っていきたい ポータブル型
とにかく安いモノがいい 手動型



使いやすさ】も重要

鼻水吸引器は使い捨てではありません。

どのタイプも、吸引後には洗浄が必要です。

製品によって洗浄する部品や、洗浄方法が違います。

当然、使用方法もそれぞれ違います。

「洗浄が大変だから使いたくない」なんて本末転倒。

購入前にしっかり確認しておきましょう!


値段】の幅が大きい

鼻水吸引器は安いものだと600円程度から、高いものになると8万円近くするものも存在します。

タイプ別の価格帯

据え置き型 1万円~
ポータブル型 4,000~5,000円
手動型 1,000円前後



タイプ別のメリット・デメリット

それぞれのタイプごとのメリット・デメリットを、みていきましょう。

据え置き

メリット」
  他のタイプより吸引力が強い

デメリット」
  値段が高め
  コンセントが無いと使えない

ポータブル

メリット」
  吸引力はそこそこ、外出時に持っていける

デメリット」
  電池切れの可能性がある

手動

メリット」
  圧倒的に値段が安い
  携帯にも便利

デメリット」
  ポンプタイプ 吸引力が劣る
  口吸いタイプ 感染リスクがある




初めての購入・あるある失敗談

よく知らずに購入したけど、チューブが長くて洗うのが大変

口吸いタイプで、子供の風邪をもらってしまった

吸引時の音がうるさい

数字で分かる!吸引力と作動音量

感覚は個人差があるので、レビュー等を見てもいまいち分かりづらいものです。

そんな時は、公式サイトやネットショップの商品ページを見れば情報が載っている場合もあります。

商品概要欄
吸引力の見方

「-○○kPa」、数字が大きいほど吸引力は強い

騒音の見方

「○○dB」、数字が小さいほど騒音は静か



まとめ・最優先は「タイプ」です!

さて、鼻水吸引器を選ぶ際の3つのポイントについてお話ししてきましたが、いかがでしたか?


最後に1つだけアドバイスです。

どのタイプかで悩んだ時は、実用性を考えて「ポータブル」にするのがおすすめ!

鼻水が出るのは家の中だけではないですから。

わが家で使用しているのも、ポータブルです!


では、このへんで。(^O^)







 

 

Sponsored Links